FC2ブログ

梨の贈り物 ~美容皮膚科医K先生から~



とてもみずみずしくて美味しい梨が送られてきました。
美容皮膚科・内科を開業されておられるK先生からでした。


20180820.jpg


K先生とはまだ知り合って間もないのですが、この1年で私の人間関係は大きく変わりました。

昨年までの私の人間関係は、今から思い返してみれば与えることが中心であまり返ってこなかったのです。
自分が得をするために人間関係を築こうなんて考えたことはなかったので、見返りを求めることなく自分がその人の役に立つことができたら良いなと思い、損得勘定することなくいろんな人と付き合ってきましたが、知らないうちに自分が消耗していたようです。

昨年いろんな人間関係を断ち、年末に迷惑メールが多く来るようになったことをきっかけにメールアドレスを変えてほとんどの人には新しいメールアドレスを知らせませんでした。
そして、「引きこもり」と称して(笑)、仕事が終わったらひたすら瞑想をしていました。
短い時で1日2時間、長いと1日8時間くらいは瞑想をしていました。
時間がないと言っても、夜10時から始めても12時まで2時間瞑想できます。
何かやりたいと言いながらやれないのは単なる言い訳と思っているので、自分にとって毎日2時間~8時間の瞑想は当たり前のこととしてやっていました。

話が飛びますが、結婚、離婚を繰り返す女性がいます。
夫の家庭内暴力がひどくて離婚したが、再婚したらまた相手が家庭内暴力がひどいとか、家庭内暴力は振るわないが、今度は博打好きで実は借金が山のようにあったことが結婚してから判明したとか、だらしのない男性とばかり付き合ってしまう女性がいらっしゃいます。

これは、顕在意識では懲りたと言いながら、潜在意識が変わってないので、同じような破壊的な人間関係を作ってしまうのです。

自分の潜在意識のクリーニングをしない限り、人間関係を断ち切っても、人を変えて別な人たちとまた同じようなパターンの人間関係が始まってしまい勝ちです。
そのため、私は新たな人脈を求めるのでなく、ひたすら瞑想に励んでいたのです。

すると、今年に入っていくつものステキな出会いがありました。
K先生とも、お互い東京在住でありながら大阪で知り合うという不思議なご縁でした。
私は運命を信じています。
どんなに離れていても、これまで別々の人生を歩んでいても、知り合うべきタイミングで知り合うべき人と知り合います。

普段はセミナーに行っても誰ともしゃべらず講義を聞いたらそのまま直帰するというK先生でしたが、大阪では一緒に昼ご飯を食べ、大阪は初めてとおっしゃられたので、セミナーの帰りに少し大阪の街を案内しました。
これが東京のセミナーならお互い会話をすることなしに終わっていたかもしれません。

もと大阪人の私にとって北(大阪や北新地など)はきどりがあって本当の大阪とは言えません。
本当の大阪を味わって下さいと言って道頓堀でグリコの看板やかに道楽の動くかにの看板を見ていただき、食い倒れ太郎の前で写真を撮り、551の蓬莱で露店のようなベンチに腰掛けて肉まんとちまきを食べるというコッテリ大阪コースを時間がなかったので駆け足で堪能していただきました。
お嬢様にしか見えないK先生をそんな下町に引きずり回して良いのかなとも思いましたが別世界を楽しんでいただけたようです。

K先生は帰りに、「こんなに優しくてよく気がつく先生なので、私が患者なら先生のファンになってしまいます」とおっしゃっていただきました。
そして、その言葉通り、わずか3週間ほどの間に患者様を4人も紹介していただきました。

別に患者様を紹介して欲しいとか、梨が欲しいためにやった訳ではありませんが、ちゃんとお返しをしてくれる人と知り合えたのです。

もうひとり、形成外科医のM先生とも今年になって親しくなりました。
もともと数年前から少し話をするくらいの関係でしたが、M先生が自分の手術を私に依頼されたのがきっかけで親しくなったのでした。

M先生は語学が得意で、語学力を生かして海外のドクターとも連絡を取り合い、海外の文献を読みこなし、すごい情報量です。

私は友人に自分の持っているものは惜しみなく与えたいと思うので、M先生にも手術は無料で行いましたが、ヒアルロン酸注入やボトックス注入を中心にいろんな知識を教えていただき、注入系に対する私の知識と技術は飛躍的に向上しました。
また、私自身の治療も行ってもらっています。
注入系では、日本でもトップクラスの先生だと思っています。

私のクリニックがある目白は変わった土地で、地主や金持ちが多いためか、飲食店は凝っていて味は良いが高飛車な感じがするお店が多いのです。
不動産所得で生活ができている人がお店をやっているという感じで、お客にペコペコしません。

あるイタリアンレストランは、お店の開店時間も閉店時間もイタリア語で書かれ、ワインのメニューもすべてイタリア語で書かれているので読めません(苦笑)
本当に怒り出したお客様がいたとインターネットの記事で読んだことがあります。

そのお店に味が良いのと、他に遅くまでやっているお店があまりないので、M先生をお連れしました。

私は2度目の来店でした。
私は聞き上手と言われることが時々ありますが、M先生は私との会話に夢中になって、店主さんが料理を運んでも気が付かないくらい夢中に私と話をしています。
しかも、会話が医学の専門的な話なので、他の人には何を言っているのか分からないのを私が平然と聞いています。

M先生が食事代を払ってくれましたが、M先生のようなきれいで才能のある美女に夢中で話をさせ、食事代まで払わせた私は何者? と尊敬の眼差しで店主さんが私を見ているのがありありと伝わってきました。
特に前回とはまったく違った店主さんの眼差しのギャップの差は、観ていて面白かったし、気持ち良かったです。

M先生は節税対策をかなり気にしておられるくらい収入が高く、お互いどちらが食事代を出しても良いのですが、その時の流れでは私がお世話をしたのでM先生にご馳走になった方がお互い気持ちが良い状態が保てたので、私も喜んでご馳走になりました。

このようにこれまであまり返ってこなかった人間関係から、十分に与え、十分に受け取る人間関係になり、私の人生は豊かになり、楽しくて幸福感が増えました。

人間関係はとても大切です。
もし、人生に行き詰まりや閉塞感を感じておられたら、人間関係を振り返って見られることをお勧めします。

時には、家族や親、兄弟、親戚など切りにくい人間関係である時もあるかもしれませんが、自分を邪魔していると思ったり、吸い取られていると思ったら、一時的にでも人間関係を断つことが自分の人生を変えるきっかけになったりします。

マイナスの人間関係を断つこと。
そして、それと並行して自分の潜在意識のクリーニングを行うこと。
半年後、1年後にステキな毎日が待っていることと思います。

関連記事

コメント

§ まさに

さらにまた理解しやすいですー。なるほど。確かにそうでした。儲かるかなあとか成り立つかなあとかっていうのは経営的に心配ではあったけど。肝臓で困ってる人が笑顔になれる方法はなんだろうってところが常に自分を突き動かしてくれてる気がします。理屈じゃないんだなあ、不思議だなあって思ってそれに従っている感じ。その方が行きやすいから、理屈では到底あり得ないような事をしてるというかさせられてる気持ちがします。いつもありがとうございますー。

§ Re:そうですね

川西先生

コメント有難うございます。
川西先生は直観的に把握されているので論理的に書くと、目標と過程のふたつの面から見ていくと良いと思います。

目標というのは、なぜそれをしたいのかです。
川西先生は自分の力を人々の役に立てるには、勤務医でいるよりも独立した方が良いと判断して独立されましたが、かなり潜在意識がクリーニングされた状態での決意です。
そうではなく、独立した方がお金が儲かるからとか、自分の好き勝手にできるから独立したいというドクターも結構いらっしゃいます。
自分がなぜそうしたいのか、そこにどれだけ自分のエゴが混じっているのか観ていくのが潜在意識のクリーニングの始まりです。

過程の部分を観ていくのが、川西先生が書かれたことに関係しています。
人間の心の中には矛盾がいっぱいつまっていて、右を行きたいと顕在意識では思っていても、左にいきたい自分や、やりたくない自分もいます。
矛盾だらけで前に進みたくても自分自身から抵抗をしらないうちにたくさん受けているので、いろんな自分を統合していくほど前に進みやすくなります。

その一つ方法が川西先生の書かれた本来の目的を思い出しながら進むことです。
自分の中の矛盾を少なくしていくと、潜在意識からの協力も得やすくなって不思議なことが起きたり、生きやすくなっていくと思います。

§ そうですね

潜在意識での切り替え、クリーニング、本当に大事だと実感するようになってきました。目先の事に心が奪われがちだったのが、だんだんと本当にしたい事につながる事はなんだろうと感じる気持ちを見つめるようにして行くと、ちゃんとその時その場所でつながる人に会えるもんなんだなあと漠然と思えるようになってきた気がします。
いつもこころがすっきりする内容で、今回もまた、気持ちがすっきりしましたー。ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR