サイトのリニューアルを行い診療日誌を始めました


久しぶりのブログ更新となりました。
先日、ヒアルロン酸注入のセミナーに行った時、知り合いの先生をお見かけしたのでご挨拶したら私のブログを読まれていて、「引きこもっておられたんですね」と言われました。
「今日はムクムクと出てきました」とお答えしました(笑)。
まるで冬眠から覚めたクマのようですが(笑)。

今年の春に目白ポセンシアクリニック公式サイトのリニューアルを行いました。
そのうちのひとつの大きな改良点が診療日誌というコンテンツを加えたことです。
これは開院当初からの私の夢でした。

15年前の開院当初は、インターネットがまだ始まったばかりで、クリニックの広告と言えば雑誌など紙媒体が主流でHP自体を持っているクリニックがあまりありませんでした。

私も雑誌でのクリニックの広告を予定していましたが、これからの時代、クリニックのHPくらい持っていても良いのではないかと思い、知人にHPを作ってもらいました。

実際にクリニックがオープンすると、たくさんの人がHPを見てきたとおっしゃってご来院されました。
私はHPの内容を充実させることにしました。

当時はFlashという技術でいかに視覚的にきれいなページをパソコンの1ページの画面に収めて作るのか、高い費用を業者に払って競い合う時代でした。

しかし、当時すでにそれは本質的なことではないと私は見抜いていました。
見た目でなく中身を充実させて患者様に有益な情報を提供することがHPの本質と考え、文章がたっぷりと詰まったコンテンツをコツコツと書きためたのです。

当然、文章がたくさんあるので、パソコンの1画面に収まり切れません。
当時は業者からも注意されましたが、私はあえて当時の掟破りであった縦長のページを作りました。
そして、たくさんの患者様にご来院いただくことに成功しました。

今では当たり前になっている縦長のページづくりの手法を15年も前に実行していたのです。この先見性は、私の隠れた自慢のひとつです。

知人にHPを作ってもらう時に、「今、ブログというのが出始めました。簡単に記事が書けてアップロードできるシステムだけどどうしますか?」と聞かれました。

ブログなら毎日の自分の診療の内容や日々考えていることを書けるのでやりたいと思いましたが、患者様のプライバシーをどのように扱って記事を書いたら良いのかとか、毎日ブログを書く時間をどのように捻出するのかという問題があって、そのままにしていました。

数年後、ブログがだんだんと盛んになってきましたが、私はじっと見守っていました。
誰と会ったとか、どこに行ったとか、何を食べたという自慢話を毎日競い合うことに興味がなかったからです。

では自分なら何を書くのだろうか、何年も考え続けました。
私は美容外科医であり、外見のことばかり扱う仕事なので、ブログにはもっと生きる上で本質的な人生を向上させること、自分の心を磨くこと、魂の美しさなどについて書くことが患者様に対して意義のあることであり、自分自身も納得して記事を書き続けられると思いました。
そこまでコンセプトを煮詰めて書き始めたのが、当ブログです。

ブログを書くことで患者様のための診療時間を犠牲にすることがないようにしたかったので、しょっちゅうブログを書くことはしませんが、その期間の目安として、グーグルの検索が2週間に1度はあるということから月に2回の更新と決めました。
しかし、2週間に1度は自分が時間の捻出が厳しいので月1度の更新を目安にするようになりました。

更新頻度は少ないですが、1回の記事は練り込んで書いています。
基本コンセプトは美容に興味のある読者に役に立つ情報を提供することなので、読者が読んで良かったと思っていただく内容、質にはかなり気を遣っています。
そうすると、やはりそんなにひんぱんには書けなくなります。

多くの患者様から、ブログを読んでこのクリニックで手術を受けることに決めましたとおっしゃっていただけたので、私のコンセプトは成功したと思っています。

面白かったのは、他科のドクターもこのブログを読んでいらっしゃることでした。
ドクターである夫に内緒で当院で手術を受けた患者様が、ふと夫のパソコンを見たら私のブログが出ていてびっくりしたとおっしゃっておられました。
その先生は私のブログのファンということでした。

このようにこれまで活躍してくれた本ブログでしたが、この春から私が診療日誌を書くようになったので、更新がほとんどされなくなり、申し訳ございませんでした。

診療日誌には、毎日の私の患者様とのやり取りが赤裸々に描かれています。
私が15年前にやりたかったことがやっと実現できました。

今後、どのような更新頻度になるか分かりませんが、当ブログには、私が考える最高レベルでの人間としての向上や心の美しさ、魂の美しさについて書いていきたいと思っています。
そして、日々の診療については、診療日誌の方に書いていきます。

先日、毎日よくそれだけ書くことがありますねとご本人も医療従事者である患者様から言われました。
確かに毎日同じことの繰り返しだとおっしゃるドクターを多いです。
医療として見るならパターン化された日々の診療も、患者様ひとりひとりをしっかりと見て触れ合っていくなら、どの症例も違っていることに気がつきます。
退屈な日々の診療が、患者様と向き合うことによってドラマに変わっていくのです。

今後とも、目白ポセンシアクリニック、当ブログ、診療日誌をよろしくお願い申し上げます。


関連記事

コメント

§

二つ送っていましたね。すみません。
開業して、3ヶ月、だんだんとやりたい形に近づいてきている気がします。がんばりますー。

§ Re:なるほどー

川西先生

コメント有難うございました。
先生の方は新しいクリニックいかがでしょうか?

お互い自分の夢に向けて邁進していきましょう。

§ なるほどー

久しぶりに記事が出ていて嬉しかったですー。先生のやりたかったことが実現してることとってもわかります。また読ませていただけることありがたいです。診療日誌読みました。うるうるします。先生の優しさ、患者さんへの思いが伝わってきます。これからもよろしくお願いいたします。

§ なるほどー

久しぶりに記事が出ていて嬉しかったですー。先生のやりたかったことが実現してることとってもわかります。また読ませていただけることありがたいです。今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR