美しい人と魅力的な人



先日、患者様から
私はもっと美しくなれるでしょうか? 
とご相談を受けました。

その方はもともときれいな方でしたので、
美しくなる為にはここを直した方が良いよというような
表面的な話でなく、もっと深い話をして差し上げたいと思いました。

私の答えは、
美しくなるには限界があるが、魅力は無限に増やせる
です。

神は細部に宿るという言葉が流行りましたが、
美しくなっていく為には、1㎜1㎜を追及していきます。
しかし、あるところで限界が来ます。
その限界まで来たら、次は過剰に行って
バランスを壊していくことしか選択肢がなくなります。

最近、芸能界ニュースでにぎわせている、
「ラーメン、つけ麺、僕、イケメン」
「赤貝・ミル貝・ナイスガイ」
などをネタにしている狩野英孝さんの女性問題で
本命とされている女性が加藤沙里さんです。

加藤沙里さんには、整形疑惑がありますが
どうみてもあの涙袋は、ヒアルロン酸の
入れ過ぎだろうと思って見ています。
(他の部分についてはノーコメントとします(笑))

涙袋に少しヒアルロン酸を入れてみる。
良かったからもう少し入れてみる。
そうすると止まらなくなる人がいます。

客観的に見ておかしくても、
本人はどんどん入れろと要求してきます。

涙袋にヒアルロン酸注入をご希望の方には、
そんなアンバランスな精神状態になっている人が多いので、
当院では涙袋のヒアルロン酸注入を中止にしました。

人は美しさによって、グループに分けられると思っています。
上のグループ、中の上のグループ、中のグループ、
中の下のグループ、下のグループ。

下のグループからはできる限り脱出したいものです。
残念なことに、人は見た目で判断されることが多いのです。
性格が良くても、見た目が悪いと損することが多くなってしまいます。

しかし、このグループの人は諦めてしまっている人が少なくありません。
ちょっと気をつけるとか、ちょっと整形を受ければ良くなるのに
その努力すらしようとせず、いつまでも下のグループに居座っています。
もったいないことだと思います。
下の人がせめて中の下のグループに入ると人生が変わってきます。
できたら中の上くらいは目指したい。

きれいになりたいとおっしゃった女性は、
丸の内の企業で受付をされておられるくらいで、
上のグループに入る人です。
中の人より中の上の人、中の上の人より、上の人と
上のグループになればなるほど、
美しくなる為に努力する度合いが大きくなる傾向にあります。
美人が余計美人になっていく。

しかし、先ほどの加藤沙里さんの例で挙げたように
美しくなるには限界があるし、それを超えようとしたら
過剰に何かを行うしかなくなり、逆に美しさを失っていきます。

ある程度の美しさを得たら、それで良しとし、
次は自分の魅力を磨いていくことを努力すべきなのです。


未成年の患者様が全切開法の手術を受けたいと、
母親を連れて再カウンセリングに来られました。
患者様も心配性の方でしたが、お母様が輪をかけて
ウジウジ言っても始まらないことを言い続けました。

しかも、疑問があったというより、カウンセリング中に
無理やり心配事を考え出して聞いてくるのです。
聞いているだけで、気持ちが滅入ってくるような質問を続けます。

美容整形は、受けなければいけない手術ではありません。
自分が受けたいと思ったら、リスクの説明をきちんと受けた上で
納得して申し込むべきものです。
そんなに心配なら受けるのをやめれば良いだけのことです。

決められたカウンセリング時間である15分を超え、20分過ぎても
ぐちぐち言い続けるだけで話が全然前に進んで行かないので、私は言いました。

「そんなにネガティブなことばかり言ってどうするのですか?
横で聞いている子供さんも委縮してきますよ。
親ならもっと前向きに子供さんが安心できるような
発言をされたらいかがでしょうか?」

すると、その母親は怒り出しました。
「私は心配だから聞いているのです。
母親なら心配して当然ではないですか!
私は間違っていますか!」

本当に心配なら、今の時代、前もってインターネットなどで
下調べをしてから、質問をしてきます。
その場の思いつきで質問してきたりしません。

自分は客だ、自分を納得させろという態度はとってきません。

これまでも多くの親子の患者様をカウンセリングしてきましたが
きちんとしたお母様は、
「娘が手術を受けたいと言ってるんですが
私も娘も心配なんです。
先生、よろしくお願いします」
と、おっしゃってきます。

そんなお母様になら、私も、
「心配は当然ですよ。
最善は尽くしますので、何か心配なことがあったら
おっしゃって下さいね」
と対応しています。

結局、態度が良いと受けられるサービスも良くなるのです。
これが、その人の魅力です。


私が好きな作家の中谷彰宏さんは、
ホテルの研修もされているそうですが
感じの良い人には良いサービスをしろ、
感じの悪い人には、もう来ないようにいじめろ
と指導されるそうです。

さすがにそこまで露骨にはできませんが(笑)
私も感じの良い患者様には、プラスアルファで
何かして差し上げることがあります。

自分が感じよくしていることで、
やさしい言葉をかけてもらえたり、
点滴を1回サービスでしてもらえたり、
腫れを抑える薬を無料でもらえたりします。

つまり、感じよくして自分が魅力的になると
自分の運も上がっていくのです。


愛知県から15歳の少女がお母様を連れて来院されました。
お母様は当院で何度も手術を受けて下さっています。
お得意様なので(笑)、手術もいつもより時間をかけて念入りに行いました。

手術が終わってお母様を手術室にお連れすると
まず第一声が、
「かわいくなったね!」
でした。
そう言ってくれる人と分かっているから、私も余計に時間をかけて
手術を行ったのです。

同じ日、同じように親子の患者様に埋没法の手術を行い、
お母様を手術室にお連れしましたが、
第一声は、「腫れてるね」でした。
実際の腫れはわずかでしたので、ガッカリしました。

腫れている、腫れていないは主観なので
そうおっしゃられてもスルーするだけですが
私にもっと良くしてあげたいという感情はわき起こってきません。

手術は最高レベルできっちり仕上げているので、
後はスタッフに任せて次の患者様に向かいます。

もし、お母様が腫れているねと言った後にでも
先生、有難うございました。の一言でもあれば
私も何か一声でもかけてあげたいとは思いますが。

魅力のない言動を無意識にする人が多すぎます。
こんなちょっとしたこと言動に気をつけるだけで、
その人の魅力はぐんぐん上がってきます。


特に上のグループにいたら、そこからさらに美しさを
目指していくのは単に趣味、好みの問題になり、
その人の人生に大きな影響は与えません。
それより、自分の魅力を磨いていった方が
良いことがたくさん起こります。

例えば男性の立場で言えば、
きれいな人と中ぐらいの人がいれば
きれいな人を選びたくなります。
しかし、きれいな人のグループの中から誰か選べるとしたら
さらにきれいな人は誰かではなく、誰が話しやすいかとか
誰とだったら楽しくいれそうかなど、魅力の部分で差がつきます。
こちらの人の方が鼻が1㎜高いからこちらにしようとはならないのです。

自分からさわやかに挨拶できることであったり、
笑顔を絶やさないことであったり、
上司や取引先のくだらないオヤジギャグを笑ってあげたり、
自分が得になる人だけでなく、誰にでも優しくできたり、
ノリの良さであったり、明るさであったり、
目の前の人や周りを盛り上げたり、励ますことであったり、
感情の起伏が激しくないことであったり、
きちんとお礼を言う、感謝を伝えることであったり、
そんな行動が魅力を上げていき、運を引き寄せてくるのです。

それは、仕事上での引き上げであったり、
ステキな男性との出会いであったりします。

周りから応援を受けられる人と、受けられない人、
足を引っ張られる人がいます。

もちろん、魅力的な人が魅力のない人から
足を引っ張られることもありますが、
魅力のある人はそれ以上に周りから応援を受けて
上にあがっていきます。

クラブのナンバーワンホステスやトップキャバ嬢に
美人は少ないと言われるように
ナンバーワンになっている女性は、美しさではなく、
魅力を磨いているのです。


美しさでは中の上のグループの女性が、
上のグループの女性に勝つ例はいくらでも見つけることができます。
それくらい、きれいでもイヤな女性は世の中に多いのです。

しかし、美しい女性で魅力的なのが最上なのは言うまでもありません。
読者の皆様は美しさだけでなく、
美しさと魅力の両方を手に入れる努力をしてみて下さい。
きっと人生が変わってくることに気づかれるはずです。



nakataniakihirohagaki_convert_2.jpg
中谷彰宏さんからいただいたハガキ
「晶浩さんに
楽しみ方を学ぶ
       彰宏」

関連記事

コメント

§ Re:今の自分に

墨絵様

ブログをお読みいただきありがとうございます。
ポジティブなコメントをされるのも
魅力の向上を実践されておられます。

魅力を増やしていくと、時には問題が解決したり、
風当たりが弱くなったり、周りからの援助が
増えたりするなど、生きやすくなります。

魅力は無限に向上させていけるので
ぜひ、魅力あふれる女性を目指してください。

コメントありがとうございました。



§ 今の自分に

貴院で目頭切開を受けたいなと思い、色々見ていたらブログを見つけ、拝見させて頂きました。
今、私はとても仕事がうまくいかず、上司とも折り合いが悪い状態です。
原因はわかったし、それにすべてを押し付けてその原因のせいにはしたくはないのですが、もしかしたらさらに私には魅力が無いのだと思いました。
深いお話ありがとうございます。

§ ほんとに

マナーの大切さも、いろんなことにつながっているもんだと実感しますー。ありがとうございます。

§ Re:すごい

川西先生

医療の現場で直面する問題と女性の魅力について考えてみました。
しかし、これは美容整形だけ、また女性だけの問題ではありません。

通常の医療現場、また病院、クリニックだけでなく、いろんなお店や
いろんな人間関係で言えることです。

良いマナーを持つことは、単なる表面的な問題ではなく、
他人や自分の自尊心を大切にすることでもあると思っています。

§ すごい

いつも深いと感動しつつ読むのですが、今回もすごいです。まさにそうだなあと思います。勉強になりました。生かしたいですー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR