約束を守る心意気 ~てんぷら近藤~



先約がある。
でもその日のその時間に重要な人から会いたいと
連絡が来たら、皆様だったらどうされますか?

私は原則として先約を優先します。
済みません。その日は先約があるので、別の日にお願いできますか?

約束を守りたいので、私のクリニックは完全予約制にして、
予約も30日分しか取れないようにしています。
先々に予約を入れていただいて、私の都合で
予約を変更していただくことを極力避けたいためです。

どうしても約束を守れなかった時は、1万円分の腫れを少なくするための
点滴を無料でやらせていただくなど、何らかのお詫びをさせていただいています。

私はそのようにしてできる限り患者様との
約束を死守するように努力していますが
患者様の方では当院との約束を気軽に考えている方が少なくありません。
無断キャンセルしたり、予約日時をコロコロ
変えて来られる患者様がいらっしゃいます。

予約の変更に関して1回は認めていますが、
2回目からキャンセル料を請求しています。
無断キャンセルされた方には、次回の予約をお断りしています。

本当にキャンセル料がいただけるとは思っていません。
請求しても払ってくれる人がほとんどいないのは分かっています。
当院から来ないで下さいとは言えないので
次回の予約をお断りする口実にするための請求です。

本当に自分の顔や身体を大切にし、自分自身を
大切にされている方は、他人との約束を守ります。
約束を守らないと、良い関係性を築けないことが
お分かりになられているからです。


そして、約束を守ってくれる人は手術もスムーズに行き、
良い結果になりやすく、感謝したり大喜びして帰って行かれます。


逆に約束を守らない人に限って腫れが強くなったり、良い結果になりにくい。
たとえ良い結果になった時でも何らかの文句をつけてくる傾向があります。
いつも人生になんらかの問題を抱え、幸せになろうとあくせくしているのに
決して幸せにたどり着けない人たちです。

当院では、せっかく当院を選んで手術を受けてくれた人は
全員良い結果になり、満足して帰っていただきたいと願っています。
だから、約束を守ってくれずクレーム患者になりやすい人々は
できるだけ避けて診療していく方針で運営しています。

当院では良質の医療を提供して行きたいと考えていますが、
良質の医療を実現する為には、患者様の方でも
ご協力いただかなくては実現することができません。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


以上は、誠実な医療を実践していきたいという
当院目白ポセンシアクリニックの方針です。
必ずしも他のクリニックに当てはまるものではございません。

以前、レーザー治療で有名なCクリニックの話を
知り合いの先生から聞いたことがあります。
そのクリニックは、政治家、芸能人など多数のVIP患者を抱えているのですが、
VIP患者が来院すると、正規の予約を取っている患者様たちを
2時間でも3時間でも待たせてVIP患者の治療を優先して行うそうです。

何が正しくて何が間違っているのか、私は判断しようと思いません。
その先生は、VIP患者の要望に応えることでクリニックを繁盛させていますし、
私は誠実に約束を守っていくことで患者様から信頼を勝ち得て
多くの患者様にご来院していただいているという事実があるだけあり、
どちらが正しいかではなく、価値観の差、生き方の差であるとしか言いようがないと思っています。

以前、国会議員の秘書と名乗る人から手術予約のメールが来たことがあります。
「私は国会議員○○の秘書をしている△△です。
この度は手術をして欲しくてメールいたしました。
仕事上時間をあまり取れず腫れを少なくして欲しいので
是非、貴院での手術をお願いします」

普通に個人として予約すれば良いのに、
いちいち国会議員の名前を出して
特別扱いして欲しいという魂胆がミエミエです。

その後、時間が取れないから自分の予約を優先して欲しいと
電話がかかってきて、強引に予約をねじ込み、
しかもその後も何度も電話してきて、予約をコロコロ変更してくるのです。
最終的には、やはり夏休みに予約を取りますと予約をキャンセルしてきたので
私は、約束を守らない方の治療はできませんとはっきりと診療をお断りしました。

お得意のいい加減な約束は、選挙演説の時だけにしていただきたいものです(苦笑)


こんなわがままな患者様をCクリニックなら喜んで受け入れるのでしょうかね。

そんな私も患者様との約束を守れなかった時があります。
今年の3月4日11時頃のことです。
フジテレビから電話がかかってきました。
「元サッカー監督のマラドーナさんが美容整形の手術を受けたと
カミングアウトして話題になっています。
先生のコメントをいただけないでしょうか?
コメントは本日夕方5時のスーパーニュースで流されます。
時間がないのでぜひ、お願いいたします」

予約表を見ると、その日も予約がつまっていました。
しかし、困っている人からお願いされると何とかしてあげたくなるのが私です。
分かりましたと引き受けました。

そこからが大変です。
診療の合間をぬい、自分の昼休みも返上して撮影の準備をしました。
マラドーナさんの術前、術後の写真を見比べ、
どんな手術を受けたのか分析し、前もって取材用の資料を作成したのです。

これまで何度も取材を受けてきましたが、
取材する人は美容整形の専門家ではありません。
いくらこちらがコメントを出しても、
それが正確に反映されるとは限らないのです。
そのため、私は取材の時には必ず前もって
こちらの言いたいことを資料としてまとめ、
取材陣に渡すようにしています。

1時45分頃ご来院されるとのことでしたが、
少し遅れてご来院され、1時間程度の取材を終えて帰られました。

取材の間、患者様とご一緒に付き添われた
お母様の親子がとなりの部屋で待ってくれていました。
患者様とお母様にはご迷惑をおかけしましたが、
テレビの取材に立ち会えた臨場感とテレビ取材を受けるような
先生に手術をしてもらえたことに興奮されておられ、
満足度120%でご帰宅されました。

しかし、私は患者様が喜んで帰られたことに甘んじることなく、
お待たせしたお詫びに自分のポケットマネーから
帰りにお茶でも飲んで下さいとお茶代をお渡しさせていただきました。
約束を守れなかった自分へのペナルティです。

これが私が約束を守れなかった数少ない事例のひとつなのですが、
すごい話があるのでご紹介させて下さい。
(以下は日刊ゲンダイの記事を参考にさせていただいています)

2014年4月のことです。
オバマ大統領の来日の接待のために外務省は
銀座の高級店「てんぷら近藤」に打診しました。

オバマ大統領来日の2週間前、外務省の担当者は
23日に天ぷらを揚げてくれないかと伝えたそうです。
近藤の主人は、23日はすでに90人分の予約が入っていたので
『今回は申し訳ない』と外務省の打診を断ったそうです

近藤のご主人近藤文夫氏は
「ウチには数カ月前から予約した客がみえる。
いくら大統領のためでも、予約客を帰らせるわけにはいかねえ」
とおっしゃったと言います。

私はこの記事を読んでビックリしました。
オバマ大統領の接待をすればお店に箔(はく)がつくだろうに、
それを断ってまで予約したお客様を大切にされたのです。


オバマ大統領の接客を断ってまでお客様との約束を
大切にしたてんぷら近藤のご主人の心意気はすごい!

私はてんぷら近藤のファンになりました。
そして、このエピソードをことあるごとに周りの人に伝えていたのですが
先日、親しい友人が私をてんぷら近藤に連れて行ってくれました。



gkondo1_convert.jpg
てんぷら近藤エントランス



選び抜かれた食材で作られた食事はもちろん美味しかったですが
皿の上に敷かれた半紙をしょっちゅう交換するなど
きめ細かな心配りが感じられました。



gkondo2_convert.jpg
お通し



gkondo3_convert.jpg



gkondo4_convert.jpg



gkondo5_convert.jpg



gkondo6_convert.jpg



前もって予約しないと入れない人気のお店ですが
銀座周辺にお立ち寄りの際はぜひ、てんぷら近藤をご利用下さい。
そして、オバマ大統領でも断った店主の心意気を感じながら
食事をしてみて下さい。

約束を守ると目先の損をすることはたくさんあります。
しかし、だからこそ、そうしなければ知り合えないような
立派な人、すごい人との縁ができたり、ビッグチャンスが訪れてきます。


目先の損をしてでも人との約束を守り、大きな成功を掴んでいく。
そんな人が日本に増えていくことを願っています。


関連記事

コメント

§ ですね

是非、一緒に伺いたいですー。

§ Re:そうですねえ

川西先生、コメント有難うございます。
東京にいらした際には、原始食ではありませんが(笑)
一緒に近藤に行きましょう!

§ クレオパト子様

クレオパト子様

コメント有難うございます。

近藤さんは客単価が一人あたり平均2万円だそうです。
すでに90人予約が入っていたということは、180万円の予想売上。
オバマ大統領を優先すると、180万円の売上を逃して、かつクレームが来る。

オバマ大統領を断ったら、180万円損しないでかつ
オバマ大統領を断った店として名を馳せます。

よく考えると、損しているようで損していないのですね。
近藤さんの心意気、見習いたいと思います。

§ そうですねえ

先約を優先することが原則ではあるけど、困っている人を助けることにつながるならそちらが優先となることもある。医療の現場では結構そんなことが起こっちゃったりします。守れなかったときにはできるだけ、感謝の気持ちを込めて診療に当たるって感じになってるかなあ。
天ぷら屋さんは一度行ってみたいですねえ。すごいエピソードありがとうございますー。

§

近藤さんすごいですね。
大統領が来た店より
大統領を断った店のほうがインパクト強いですね!

先約を優先する

目先の損をしてでも、約束を守る
先生のおっしゃるような
そんな人間になりたいです
今回も良いブログをありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR