やさしさが人生の基本です ~出雲大社参拝~



私たちの業種は世間がお休みの時期が忙しくなるので、
ゴールデンウイークはほとんど休まず働いていました。

ゴールデンウイークが終わったので一息ついて、
出雲大社(いずもおおやしろ)に参拝に行ってきました。



izumotaisya-main_convert.jpg



出雲大社には、大国主命(おおくにぬしのみこと)が祭られています。

有名なイナバの白ウサギの話をかいつまんで書いてみます。

オオナムチ(若き日の大国主の名)には、たくさんの兄がいました。
ある日、兄たちはイナバにいる超イケてる美人の
ヤカミヒメをモノにしようと出かけました。
オオナムチは兄たちのたくさんの荷物を
全部ひとりで担がせられました。
ひとりの男として認めてもらえず、従者扱いだったのです。

大荷物を持たされ、歩みの遅いオオナムチを置いてきぼりにして
兄たちはすたすたと先に進んで行きます。

道で皮を剥(は)がれたウサギが伏(ふ)せっていました。
兄たちは、ウサギに、
海塩を浴び、山の頂で強い風と日光に当たって
横になると良いとウソを教えます。

ウサギは教えられた通り海塩を浴び、山の頂で強い風と
日光に当たりながら横になっていると、
海塩が乾くにつれ、体中の皮膚が
ことごとく裂けて激痛が走りました。

いる、いる、いるよねぇ~
現代社会でも、他人の不幸を喜び、親切そうにウソを教え、
その人がさらに不幸になっていくのを陰でコッソリ見て
楽しんでいるイヤな奴が本当にいます。


後から兄たちを追いかけていたオオナムチは、
激痛に苦しんで泣いているウサギに、
「今すぐ水門へ行き、真水で体を洗い、
その水門のガマの穂をとって敷き散らして、
その上を転がって花粉をつければ、
皮膚はもとのように戻り、必ず癒えるだろう」と教えます。



inabanosirousagi.jpg
大国主命と白ウサギ (御慈愛の御神像)



オオナムチの言うとおりにすると、うさぎの体は回復しました。

うさぎに回復方法を教えたことから、少彦名と並んで
大国主命は医薬の神様として祭られるようになりました。

ウサギは、「兄たちはヤカミヒメを得ることはできません。
あなた様こそがヤカミヒメの相手にふさわしいです」
と言って兄たちより先にヤカミヒメのところへ行き、
ヤカミヒメに事実を伝えます。

ヤカミヒメは兄たちの猛烈な求愛を拒み、
オオナムチを自分のパートナーとして選びました。

小さな頃から、ベッドタイムストーリーとして
父親からよく寝床で聞かされていた
イナバの白ウサギの話を私は大好きでした。

大国主命は、決して強い神様ではありません。
兄たちに従者扱いされるくらい弱い立場だったのです。

それでも愚痴ひとつ言わず、文句も言わず、
兄貴たちの荷物を辛抱して担ぎました。
そして、自分がつらい立場にあっても、
目の前でもっと苦しんでいるウサギを助けたのです。

自分がイジメられたら、腹いせにもっと弱い立場の人間を
イジメてひどい目に合わせようとする人もいます。
しかし、大国主命はそうはしなかったのです。

自分がつらい立場にあっても、
じっと辛抱して笑顔で
他人にやさしく接したのです。


そして、このやさしい心を失わなかった大国主命を
ヤカミヒメが理解し、評価してくれたのです。
人を見下し、軽んじる兄たちより、
本当の心の強さ、やさしさを持つオオナムチを選んだのです。

いい話だと思いませんか?

心やさしい大国主命様、大好きです! 
大国主命様のように心やさしく、
器の大きな人間になりたいものです。


前回のブログでも紹介させていただいたように
私は、「やさしさ」を人生の軸にしたいと思って生きています。



izumoenrance.jpg
大社入り口



izumosandou.jpg
参道



sirousagitati.jpg
イナバの白ウサギにちなんだウサギさんたち



izumotaisya-main_convert.jpg
拝殿



izumohonden.jpg
御本殿



izumoooyasironookasi.jpg
出雲大社でお茶菓子を出していただきました。
有難うございます。



sinsyokunoannai.jpg
お茶菓子をご馳走になった後は、
神職の方に案内され、瑞垣内に入って御本殿で参拝する
「お庭ふみ」をさせていただきました。



出雲大社は有名なパワースポットです。



meditation-izumo.jpg
パワーを体内に吸収するため、
境内で気功法や呼吸法を行いました



古代出雲歴史博物館のカフェで名物のラテアートを楽しみました。



unta-izumo.jpg
キャラクター雲太(うんた)君と出雲ちゃんのラテアート



門前町
出雲と言えば出雲そば。



izumosoba.jpg
名物三色割子そばを出雲大社御用達店かねやさんで食べました



もうひとつの出雲の名物ぜんざい。

私はぜんざいが昔から大好物です。
クリニック近くにある目白の和食喫茶でもぜんざいを食べに
ひんぱんに顔を出すので顔を覚えられてしまいました。
ある日、「先生だったのですね」と店員さんから声をかけられ、
「どうして知っているのですか?」と聞くと、
「ホームページを見ました!」とおっしゃっておられました。

ぜんざいは、出雲が発祥の地と言われています。
出雲は旧暦の10月に神様が全国から結集する土地として有名ですが、
神在(じんざい)が変化して「ぜんざい」になったそうです。



izumozenzai.jpg



こちらはぜんざいをイメージしたロールケーキで有名なポンム・べエル。



rollcake-izumo_convert.jpg
ロールケーキ目当てで入店しましたが、
コーヒーがメチャクチャおいしかったです!
参拝された時は、ぜひ、お立ち寄り下さい。



takenoya.jpg
竹内まりやさんのご実家です



旅館を営まれていることをタクシーの運転手さんから教えてもらいました。
今度出雲に来る時は、こちらに泊まろうと思います。

昨年遷宮があったことから、出雲大社は昨年大賑わいでした。
逆に言えば人が多すぎたので、参拝の時期を見計らっていました。

参拝客数も良い具合になり、穏やかな気候の中、参拝させていただきました。
皆様も、ぜひ、パワースポット出雲大社をご参拝下さい。





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR