FC2ブログ

ジョセフ・マーフィーを超えよう



高校生の頃から、大ベストセラー・ロングセラーになった
「眠りながら成功する」などの著者ジョセフ・マーフィーをはじめとした
潜在意識活用法に興味があり、研究していました。

世間で一番多くやられている方法は、目標を設定し、
自分の意志の力で努力して目標を達成していくやり方です。
しかし、このやり方は労力や意志の力が強力に必要な割に
達成度が低く、効率が悪いやり方です。
人間の顕在的な能力はせいぜい全能力の10%以下で、これを使ってやる方法だからです。
そこで、潜在的な能力を引き出す方法としてジョセフ・マーフィーをはじめ、
様々な方法が考案されてきました。

眠る前や朝起きた時が潜在意識に自分の願望が届きやすい時なので、
その時に自分の願いを願うとか、自分の願望をイメージや絵、写真などを使って
映像化する法等、いろいろな方法があります。

私は潜在意識活用法に興味があり、かれこれ30年くらいは研究してきたわけですが、
これらの方法にどうしてもなじめないところがありました。
その原因が最近になってようやく解明できたのです。

実は多くの人にとって、その人の願望は、不安や恐怖、恐れから生まれているのです。

不安があるから、こうなったら良いとか、恐怖があるから、ああなったら良いと思うのです。
例えば、お金がないと不安になるから金持ちになりたいと思います。

このような不安や恐れ、欠乏感から生まれた願望は、いくらそれを強く願っても、
自分のネガティブな感情を増強しているに過ぎないのです。


事業で成功したり、有名になっても何か満たされない。
豪邸に住んだり、高級車に乗っているのに満足感がない。
ブランド品で身を固めても、イライラする。
こんな似非成功者を数多く見てきました。

反対に人間が満ち足りるようになったら、どうなるのでしょうか?

例えば、好きな人とうまくいっている恋愛の初期を考えてみましょう。
お金をいくら持っているか、どんな服を着ているか、
どんなところに住んでいるかに関係なく、
「満たされて何も要らない。私は幸せだ!」と
思える瞬間があるのではないでしょうか?

つまり多くの場合、願望とは自分が満たされないから
生まれるものであり、自分が満たされてしまえば生まれないのです。


もう、7年くらい前になるでしょうか?

ボクシングの元世界チャンピオン畑山隆則さんと話をした時に、
「将来の目標とか夢は何ですか?」と、聞かれたことがありました。
私は、瞬間に答えることができませんでした。



hatake1.jpg
畑山隆則さん(国際グラフ)



その時は答えることができない理由をうまく言語化できなかったのですが、
今なら、自分が満足して幸せで満たされていたら、
目標は生まれませんと答えることができます。

人生が充実してくると、願望が生まれなくなり、その次の段階に入るようになります。
それは、天(神)に任せて生きようと思うようになるのです。

アップル社を創設したスティーブ・ジョブス氏は、
自分の会社であるはずのアップル社から追放されました。
なんと悔しかったことでしょうか?

スティーブ・ジョブス氏は、NeXT社を立ち上げ、ピクサーを運営し、
新境地を開きます。
これが、アップル社に復活した時、武器となりました。   
アップル社追放という苦い体験があったからこそ、
さらに成長し、大きくなって戻って来れたのです。

天(神)は、それぞれの人にその人が思いもよらない
プレゼント(Gift:恩寵)を与えてくれます。

時にはそれに気づかないこともありますし、
時にはそれが残酷なもののように思うこともあります。
しかし、後から考えてみれば、スティーブ・ジョブス氏の体験のように
自分の成長や発展になくてはならないものだったりします。

浅はかな人間の知能では気づくことができなかったり、
理解することができないもの、それが天からのギフトです。
だから、私達はただただ天を信頼し、身を任せ、
最善を尽くしながら生きていくしかないのです。
少なくとも、私はそう思って日々を過ごしています。

先週の日曜日京都でセミナーがありました。
せっかく京都まで行くのだから、もう一泊して京都見物をしてから帰ろうと、
日曜日と月曜日の二日間を休診日に設定しました。

私は充実した人生を送りたいと思っています。
無駄に人生を過ごして老いていくのも嫌ですし、
仕事バカになって人生を終えるのも嫌です。
働く時は徹底的に働くけど、休む時は徹底的に休み、
遊ぶ時も徹底的に遊ぶ、それで人生のバランスが取れて
充実した人生を送ることができると思うのです。

それで今回は連休を取ったのですが、
なぜか京都に行く新幹線のチケットも宿も取る気がしないのです。
これは、潜在意識が何か教えてくれているのかもしれないと思い、
そのまま放置していました。

すると、土曜日になって急に受ける手術の数を増やして、
眼瞼下垂の手術と下眼瞼脱脂の手術も受けたいとおっしゃる患者様が出ました。



kmgift.jpg
京都・福寿園のお茶菓子セットをいただきました。ありがとうございます



私は夜京都まで行くつもりでしたが、大阪からお越しいただいた患者様のため、
別の日に手術を変更することは大変です。
そのため、他の患者様にお待ちいただきながら、
何とか手術を終えると、業務の終了時間が夜10時を過ぎていました。
これでは、その日京都に行くことはできません。
チケットや宿の手配をしなくて良かったと思いました。

次の日、朝早起きして京都に出かけ、セミナーを受講しました。

日本臨床ラジオ波手術研究会主催の学術集会で
Ellman Japanというラジオ波の手術機器を販売している会社が協賛していました。

何人もの先生の講演の後、最後にシンポジウムとしてEllman社から
「新電極製品化に向けての進捗報告」という発表がありました。
このような発表には興味がないと多くの先生方がお帰りになられ、
ガラガラの状態でシンポジウムが行われたのですが、
私は協賛してくれている会社や主催の先生に失礼だと思い、帰らず報告を聞いていました。
残らずに最後までいることが、礼節を尽くし、
天の意向に沿った行動だとその時は思ったからです。

セミナーが終了した時です。
「先生、これから会食があるんですが、
もしお時間がおありでしたらご一緒されませんか?」
と、Ellman Japanの社長からお誘いを受けました。
セミナーで講演を行った先生方やアメリカから来日している
Ellman社の社長のための会食なのに、
単なるセミナー参加者である私がどうしてと思うのですが、
お誘いを受けたので、参加させていただきした。

なぜか、私の人生にはこのような思いもよらないラッキーが時々起こるのです。
これが、天からのギフトです。


セミナーは京都駅前のメルパルク京都で行われたため、
近くにあるホテルグランヴィア京都の吉兆で会食は行われました。

美味しく豪華な料理に、白壁先生、平井先生、高見先生、柴田先生など豪華な医師団、
そしてEllman社本社社長にアジア地区担当チーフ、
そしてEllman Japanの会長に社長というメンバーでした。



kiccyou-ellman.jpg



以下、吉兆の料理を一部掲載させていただきました
kiccyou1.jpg



kiccyou2.jpg



kiccyou3.jpg



kiccyou4.jpg



ellman.jpg
Ellman社社長、Ellman Japan会長とともに



会食も終わりに近づいた頃、関西電力病院の形成再建外科部長高見先生が、
Ellmanの社長に食事の席でプレゼンをしてくれと頼まれていたが、
本当にするのか?とおっしゃられ、その場でパソコンを持ちだして動画を見せながら、
眼瞼下垂の手術の説明を始めました。

私も一緒に聞いていたのですが、明日、Ellmanの社長に手術室で実際に見せるというので、
私は思わず「自分も参加して良いですか?」と、聞きました。

チャンスを目の前にしたら、考えてはいけません。
後先考えずともかく飛び乗るのです。
後からその後の処理をどうすれば良いかを考えれば良いのです。

チャンスの女神は前髪しかないというのは、西洋の有名なことわざです。

手術見学することになったので、次の日の京都見物を
キャンセルにしましたが、これも天のはからいです。
次の日はちゃんと休みになっていたのです。
しかし、問題が2つほど残っていました。

ひとつは、宿の問題です。
その夜、京都の宇治にホテルの予約をしていたのです。
宇治に泊まって朝、大阪まで出ようかとも思いましたが、
やはり関西電力病院のそばに泊まろうと思い直し、
予約していたホテルにキャンセルの電話をしました。

「もしもし、本日予約していた永久です。
急用ができたので行けなくなりました。
規定通りキャンセル料をお支払いします。
この度はご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」

せっかくの手術見学です。ホテルのキャンセル料を払ってでも、見学しようと思いました。
それがプロ根性です。

しかし、ホテルの人は、「分かりました。残念ですが、今度来られたらご宿泊ください。
今回はキャンセル料は結構です」
とおっしゃってくださいました。

もうひとつ、知人との約束がありました。
知人が大阪で事業をやっていましたが、実は、
セミナーが終わった午後4時から知人と会って、
顧客満足の方法や集客の方法など私のノウハウを教えることになっていたのです。

会食は2時間程度で終わるだろうと思い、約束を6時に変更してもらいました。
しかし、会食が終わったのは、夜8時を回っていました。
急いで電話をかけましたが、もう帰ってしまったとのこと。
4時間も待たせてしまったので、仕方ありません。

しかし、天の粋なはからいがありました。
調べてみると、手術見学の場所である関西電力病院は、
なんと知人が住んでいる福島駅にあったのです。

福島駅のそばのホテル阪神に予約を取り、知人に電話して会う約束をしました。
その日の夜、10時に会って12時過ぎまで、話をしました。

ここで、皆様に知っていただきたいひとつの天の法則があります。

よく自分勝手な行動は良くないと言われますが、
それは、世の中に他人に迷惑をかけてでも
自分の要求を通そうとする人が多いからです。
その一方で、他人を優先し自己犠牲の生き方をして、
全然幸せそうに見えない人もいます。

そのどちらも間違えています。

他人にとっても良く、自分にとっても良い
自利利他の生き方を探すのです。
それが、天の意志です。

太陽が、どんな生物も差別なく照らして光を与えるように、
天にとって、すべての生物がかわいいのです。
誰も犠牲になることを望んでいません。

誰にとっても損のない自利利他の方法は、ほとんどの場合存在します。
もし、見つからないとしたら、それは自分がそんなやり方をしようとする
意図がないから見つからないのではないでしょうか?

これも潜在意識活用法のひとつですが、自分にとっても良く、
他人にとっても良い生き方はないかと問題意識を持って潜在意識を働かせ始めると、
天がそのように動き始めてくれるのです。

今回も、日本で有名な先生方との会食にはじまり、高見先生の手術見学、
そして知人との面談などすべてを満たすことができました。

翌朝、9時40分に病院前に集合し、手術見学をしました。
高見先生の眼瞼下垂のやり方は、いろいろと工夫されており、
多くのことを教えていただけました。
明日からの診療に生かせればと思っております。

東京に帰ると、すぐ家族サービスです。
新幹線を降りて、そのまま旅行代理店へ直行し、
家族との海外旅行のチケットを手配しました。

手配を済ませ、さすがに疲れていましたが、
なぜか普段食べないタイ料理を食べたくなり、ふっとタイ料理のお店に入り、
グリーンカレーを注文しました。
グリーンカレーを食べると、急に元気が出てきました。

もう少し頑張れそうになったので、土曜日に手術を追加した患者様は
どうしておられるだろうと、電話をしました。
目頭切開、目尻切開、眼瞼下垂、下眼瞼脱脂、ウルトラV リフトと
多くの施術を受けられたので、クリニック近くのリッチモンドホテルに
抜糸の日まで宿泊されることになっていたからです。
そして、すぐにご来院いただき、腫れが早く回復するように点滴療法を行いました。

良いことが起きると、自分はこんなに幸せで良いのだろうか、
次は何か悪いことが起こるのではないかと心配される方がいらっしゃいますが、
それは間違えています。

ダルマ・カルマの法則というのがあります。
良いことが起きるのは、善因(ダルマ)を積み重ねたからです。
悪いことが起きるのは、悪因(カルマ)を積み重ねたからです。

善因を積み重ねようとしないで、楽して良い思いをしようとするから、
悪因が出てしまうだけのことなのです。
良いことが起きたなら、善因を消費してしまったのだから、
さらに良いことが続くように新たに善因を積み重ねれば良いだけのことです。
そうすれば、いつまでも良いことが続くようになります。

だから、私は時間をつくって知人に夜中であっても話をしたり、
旅の疲れがあっても患者様に点滴療法をして差し上げるのです。
天に貯金(徳)をできる限り積み立てておく方が、幸せな人生が送れます。

あさはかな人間の理解を超えた大きな存在に自分の人生を任せた生き方、
こんな人生もスリリングで面白いものです。
ご参考にしていただければ幸いです。




関連記事

コメント

§

コメント有難うございました。
いただいたコメントのフィードバックをさせていただきます。

勉強をよくされている臨床医の先生はたくさんいらっしゃいますが、
患者様とどのように関わっていくのかを追求される先生は
なかなかいらっしゃらない印象を持っております。

プラセボという言葉がネガティブに使われますが、
「この薬よく効くんだよ!」と暗示をかけてしっかりと効かせていくのが
臨床的名医だと思っております。

人間という無限に変化していく生き物相手の探求は
難しくもあり、面白くもあり、おそらく自分も
一生追求し続けるのだろうなと思っております。

私でお役に立てることがございましたら、何なりとお申し付け下さい。
今後共よろしくお願いいたします。

§ はじめまして

ミトコンドリアつながりで、先生のブログにたどり着きました。肝臓病の患者さんを診る立場でいろんな治療法が効果的であってほしいと願っていますが、どの方法も患者さんの意思がしっかり発揮されてはじめて最大限の効果を導き出せるというのはそのとおりだと思いますし、それをどうしたらうまく導けるのか、なんとも、力不足を感じてしまいます。。。あ、愚痴気味ですね。先生のスタイルを知ることができてとても感動しました。これからも、何かの縁でお会いできたりしたらうれしいですー。ブログももちろん出会いですしね。感謝です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR