FC2ブログ

美の散策


前回のリーガロイヤルホテルの続きです。

リーガロイヤルホテル内には
フランスのハンドメイドクリスタルメーカー「ラリック」が入っております。
ラリックは、19世紀~20世紀のフランスのガラス工芸家、ジュエリーデザイナーであった
ルネ・ラリック(René Lalique)によって始められました。

ルネ・ラリックは、アール・ヌーヴォー、アール・デコの両時代にわたって活躍した作家です。

1908年、ラリックはコティの注文により、香水瓶とラベルのデザインをしました。
優美なデザインの瓶に香水を詰めて販売するというのは、
当時においては斬新な試みでした。

rune3.jpg
当時、世界で初めてつくられた香水瓶が展示されていました



rune1.jpg

日本との関係では、旧皇族朝香宮邸(現・東京庭園美術館)の
ガラスの扉、シャンデリアの製作を受注しています。



rune2.jpg
ラリック 外観



ドイツのガラス工房 Theresienthalです。

Teresienthal1_convert.jpg



Thresienthal4.jpg



theresienthal3.jpg



theresienthal2.jpg



私自身、ガラス製品が好きです。
その美しいフォーム、輝き、そして使い心地が好きなため、
特にバカラを愛用しています。



ba1_convert.jpg
バカラ 外観


リーチバー
bar2_convert.jpg
ホテル創業時から45年以上の歴史を誇るリーチバー


ゆったりとした大人の雰囲気の中で落ち着いて過ごしたい時に
陶芸家バーナード・リーチが手がけたこのリーチバーがお薦めです。
木の温もり感じる心地良い空間で
河合寛次郎、棟方志方などの日本民芸品とともに
ゆっくりとくつろぐことができました。

フィンランディアというウォッカにパイナップルの果肉をしっかり漬け込んだ
フィンランディア・インフュージョンがお奨めです。



ティーサロン BERNARDAUD
tea2_convert.jpg
BERNARDAUD 外観



BERNARDAUDの美しい世界を体感できるティーサロンもございます。



tea1_convert.jpg



tea3_convert.jpg



tea4_convert.jpg



tea5_convert.jpg



ルイ14世の時代から続くフランス随一の紅茶ブランドの茶葉から、20種類を厳選して出してくれます。
1863年フランス有数の磁器の町Limogesで生まれたBERNARDAUD。
ナポレオン3世の御用達にも選ばれました。



tea6_convert.jpg



tea10_convert.jpg



g1.jpg
PISA GALLERYでは、世界的にも素晴らしい絵画など堪能できます



それでは次回、また…。 À bientôt!


目白ポセンシアクリニック


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR