引きこもってます(笑) ~沢庵和尚~



久しぶりのブログ更新になりました。
12月末から引きこもってます(笑)

これまでセミナーや映画鑑賞、美術館鑑賞など
外に材料を求めて出来る限り
自分を向上させるようにしてきました。
しかし、自分の壁を破るには、
外に目を向けるのでなく自分自身を
しっかりと見つめていくしかない
と思い、
本業の仕事以外の活動を一切やめ、
読書さえも控えるようにして、仕事が終わったら、
自分ひとりになる時間をしっかり確保して
ひたすら瞑想を行い、自分を見つめる
作業を行ってきました。
そのお陰で、これまで自分が超えられなかった
壁をいくつも超えることができました。

読者の皆様も、本気で自分を変えたいと
思った時は、自分ひとりになる時間を
しっかりと確保して何日も何日も自分を
見つめ続ける作業を行うと、
何か深い部分から変化していく自分を
感じることができるのではないでしょうか。


なんとなく引きこもった方が良いという
自分の直観に従ってやってみたのですが
禅の世界でも似たような
風習があることを知りました。
閉関と言って面会謝絶にして
ひたすら座禅を行うのだそうです。

引きこもり中、沢庵和尚の
逸話を急に思い出しました。
沢庵和尚は、江戸時代初期に活躍した禅僧です。
剣豪・宮本武蔵がまだ若くて獰猛で、
荒れ狂っていた時代に宮本武蔵の心を改心させた
禅僧として知られていますが、それは小説家・
吉川英治の創作であり、宮本武蔵と沢庵和尚が
出会った確かな証拠はないとされています。

私が思い出した逸話も史実なのか
怪しいとされていますが、以下のようなものです。

将軍家に朝鮮から珍しい大きなトラが献上され、
将軍徳川家光をはじめ、多くの家来が集まりました。
その中に、沢庵禅師も同席していました。

将軍徳川家光が、将軍家武芸指南役・
柳生但馬守宗矩にトラのオリに入るように
命じたのです。
但馬守は、オリの戸を開けさせて中に入り、
刀を構えて、ジリッ、ジリッっと
トラに迫っていきます。
トラは、眼をいからし、爪をむき、
今にも飛びかからんとする、すごい形相です。
但馬守と猛虎のにらみ合いが続きましたが、
ついに、トラは但馬守の威厳に屈し、
視線をそらしてしまいました。
但馬守は気を抜かずに静かに後退し、
すばやくオリの外に出ました。

将軍家光は、今度は沢庵和尚に向かって、
「どうじゃ、和尚もやってみないか」
と声をかけられると
沢庵はにっこり笑って立ち上がり、
オリの番の者が戸を開けると、
沢庵はそろそろと中に入っていきました。
なんの身支度も身構えもなく、
トラの前に進み出て、犬や猫を
可愛がるのと同じ仕草で、
トラの大きな頭をなではじめました。
但馬守と違ってすきだらけです。
しかし、虎は襲いかかろうともせず、
飼い主に愛撫される小猫のように目を細め、
尻尾を振り、沢庵の体に頭をこすりつけたのです。

家光が、「もうよかろう、禅師」と声をかけると
「さようか。おとなしくしておれ、また来るでな」
とトラに言い残し、くるりと背を向けてオリを出ました。

柳生但馬守宗矩は、対決の姿勢で、
トラに負けまいと、気迫で
虎を制しましたが、
沢庵和尚は、柔和な態度で、
トラと対立することなく、
手なづけてしまったのです。

これは、人生の極意です。

人間同士でも、争いはいつでも
どこでも起きています。
しかし争いに勝っても、
時間もエネルギーも無駄に
消耗してしまうことが多いです。
争いに勝ったとしても、本当の意味で
勝てているのか疑問に思われることが多いのです。
負けたらさらに悲惨です。

勝ち負けにこだわるよりも、和解した方が
ずっと生産的な良い結果になることが、
現実の世界では多いのです。


人生で何か起きたら、すぐに
闘いモードになって戦い始める方と
話し合いで穏やかに解決しようと
される方がいらっしゃいます。

闘いモードに入るよりも、穏やかに解決した方が
長い目で見て得なことが多いのです。


患者様の中にも、すぐに対決モードに
なる方がいらっしゃいます。
当クリニックではなるべく患者様に
喜んでいただけるよう努力しています。
何か心配なことがあれば検診に来られれば
できる限りの対応をしています。
必要があれば状況に応じて、
無料、低料金で修正の手術も行っています。

そんな話し合いをすることなしに、
いきなりケンカ腰にクレームを
つけて来られ、話がこじれて当院でも
検診等一切診療をお断わりすることに
なったり、他院で修正手術を受けられて
また気に入らないとそこでもトラブルを
起こされたりされる患者様がいらっしゃいます。

客観的に見れば損な生き方ですが、
ご本人はそれに気づくことなく、
ずっといろんな人と対決をし続けられるのです。
いつかご自身の姿に気づいて欲しいと
陰から願うしかありません。

トラはなぜ人を襲うのでしょうか?
それは、人が怖いからです。

世の中で一番残酷な動物は人間と言われています。
トラでもライオンでも、自分が満腹になっていたら、
側に獲物が居ても襲うことはありません。

人間は自分が腹いっぱいの状態でも、
もっとお金持ちになりたい、
もっと豊かになりたいと、
次から次へと動物を殺したり、自然を破壊したり、
ズル賢いことをしていきます。

そんな人間を恐れてトラは人を襲うのです。
沢庵和尚のように、自分の中から
一切の争う気持ちをなくしたら
敏感な動物たちはそれに気づき、
攻撃することはなくなるのです。
人間が平和な精神を持てるようになると、
動物でも鳥でも魚でも
寄ってくると言われています。
東洋だけでなく西洋でも、
同じようなことが言われています。
例えば聖フランチェスコの周りに
鳥が集まる話があり、それが
宗教画で描かれることが良くあります。



聖フランチェスコ
stfranch.jpg



マネしたら、ハトにコートを
ドロドロに汚されてしまいました(涙)
akihiro-nagahisa-with-pigeons.jpg



私は次の自分の精神的な目標として、
沢庵和尚のような、興奮したトラでも
おとなしくなり、なついてくるような
柔和な雰囲気を持てる人間になりたいと思いました。


沢庵和尚の精神に少しでも近づきたいと
沢庵和尚の墨蹟を購入しました。
題字は川端康成が書いています。


takuanyume2.jpg


追記;
この記事を書いて4日後、
シンクロニシティなのか
気功師がトラを気の力で
おとなしくする動画を発見しました。





言葉だけでは説得や和解が
難しいことはよくあります。
気の力で動物だけでなく人と人が
良い関係を築くきっかけが
作れると良いと思いました。


プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR