ダライ・ラマ来日講演



ダライ・ラマ猊下の講演会が11月17日
パシフィコ横浜で行われ、行ってきました。



dalai-lama-in-yokohama.jpg



1時間程度の基調講演の後、
参加者による質疑応答が行われました。
仏教の教義の難解な質問から、
「ダライ・ラマ猊下が最近嬉しかったり、
楽しかったりしたことはどんなことですか?」
と女子会のようなノリの質問(笑)まで
様々な質問にダライ・ラマ猊下は答えておられました。

先ほどの質問に対しては、
「私は仏教の実践者であるから、
「空」や「菩提心」をテーマに瞑想を行います。
それが自分の楽しみです」
さすが言うことが違います。

「あと、日本に来たのでうどんを食べた。
美味しかった。カッ、カッ、カッ」
とユーモアたっぷりに笑っておられました。

私も自分の心身にしっかりと休息を与えるため、
瞑想法を実践しているので、ダライ・ラマ猊下の
回答を参考にさせていただきました。



kuunosisousi.jpg



私はその時々で行う瞑想法を変えています。
今は、眠りそうになる直前まで
意識を落としていく瞑想を行っています。

嫌なことがあると興奮し、
それが続くと不眠症になる人がいます。
逆にこだわらない人は、
いつも明るく天真爛漫で、
多少のことがあっても
大いびきをかいて眠っています。

逆に言えば、眠ってしまえば
嫌なことは忘れられるのです。
言っても始まらない嫌なことは
忘れてしまうのが一番です。


そのための工夫をしていたのですが
「空」を瞑想のテーマにすることを
試してみようと思いました。

81歳の現在も世界中を講演に
飛び回っておられるバイタリティの秘密は
瞑想法にあるのかもしれません。

講演途中で写真撮影をしている参加者があり、
司会から「撮影はご遠慮下さい」と注意を受けました。
すると、ダライ・ラマ猊下は、
「別にいいじゃないか。どんどん撮れば良い」
と写真撮影を許可してくれました。
参加者は大喜びです。

今はフリー(無料)の時代です。
昔のようにもったいぶるのでなく、
良いものを無料で配布していくことにより
広がっていく時代です。
今回のダライ・ラマ猊下の撮影許可により、
ブログやフェイスブックに投稿する人が増え、
ダライ・ラマ猊下の活動がますます広がっていくのです。
もったいぶって出し渋ることも、
気前良く出していくことも全部、自分に返ってきます。


次の日の11月18日は
護国寺までお参りに行ってきました。
私の名前は宝塚の観音様を
ご本尊にしている中山寺でつけてもらいました。
霊能者から観音様の守護を受けていると
言われたことがあり、月に1度は
観音様参りをするようになりました。

東京に来てからは、護国寺と
浅草寺にお参りすることが
多くなりましたが、観音様の日である
18日に護国寺で本尊である
如意輪観音様の御開帳が行われ、
9時と16時の修法の後、間近で
観音様とお会いできることを最近知り、
9時の修法に行きました。

そこで管長が中心となって修法を行いました。
修法の後は、一人ひとりが
ご本尊の前でお祈りを捧げます。



nyoirinnkannnonn.jpg
護国寺如意輪観音



お祈りが終わり、建物を出ようとすると、
なんと管長さんが直々に
一人ひとりの参加者を見送っておられるのです。

話は飛びますが、私は世界的な
尺八演奏者である中村先生に
ヴォイストレーニングを受けたことがあります。
もともと呼吸法を習っていましたが、
呼吸と発声ということで、発声の練習を行い、
その時に患者様に喜んでいただけるように、
「こんにちは」「有難うございました」など
日常よく使う言葉をさわやかに言えるような
発声法を教えて下さいとお願いしたのです。

その時、中村先生は、
「私のような師匠と言われる仕事や医師は、
他人から有難うございますと言われる仕事であり、
自分から有難うございますとしょっちゅう言うのは
商人みたいでおかしい」と指摘を受けました。

確かにそうかもしれませんが、
私はやはり患者様には感謝の気持ちを
伝えたいと思い、それでも患者様に対して
有難うございますと言い続けていました。

また、カリスマ養成講座というのを知りましたが、
自分のカリスマ性を高めるためには
生徒とあまり接しないようにして、
自分の価値を高くみせるのだそうです。
私はできる限り患者様には寄り添った
医療をしていきたいと思っていたので、
真逆のことを言っていると思っていました。

しかし、護国寺の管主さんを見て、
やはり自分の原点はこれだと思ったのです。
カリスマになれなくても良い、尊敬されなくても良い。
やはり自分は一人ひとりの患者様に話しかけ、
患者様に寄り添った医療を実践していきたいと思いました。






プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR