銀座のホステス vs キャバ嬢



私は甘いものが大好きです。
不思議とおいしい食べ物には直観力が働き、
ちょっと見ただけでこれはおいしそうだとピンとくるのです。
この直観は結構当たります。

以前、東武デパートのイベントで見かけてから、
ずっと気になっていたお菓子がありました。
その時は長蛇の列で買うことができなかったのですが
たまたま楽天で取り寄せることができることを知り、先日、取り寄せてみました。

それは、マダムシンコのマダムブリュレです。



brulee011.jpg
(楽天より転載させていただきました)



冷凍便で送られてきた箱を開けると、ド派手な赤い箱で
開けるとヒョウ柄のパッケージが。



madam11.jpg



パッケージを開けると、なぜかうちで飼っているのに
2匹ともそっくりな猫が帽子をかぶって写っていました。
偶然ですが、これでさらにポイントが高くなりました(笑)



madam33.jpg



おいしそうな外観に、一口食べると忘れられない
強烈なインパクトのある味でした。

マダムブリュレは、バウムクーヘンにキャラメルがかけられています。
このバウムクーヘンが普通と違うのです。

通常、バウムクーヘンはこんがり
焼き目が出来るまで機械で焼きあげられるのですが、
マダムブリュレは、焼き目がつかないようにふっくらと仕上げられており、
そのため、普通のバウムクーヘンに見られるような年輪が見られません。
これが、マダムブリュレ特有の、
パサパサでないしっとりとした食感の秘密です。

さらに、バウムクーヘンの表面を焦がしたキャラメルで覆うことで
中はしっとり、外はパリパリという独特の食感が生まれたのです。


マダム信子さん自身が写った
彼女の手書きの筆の挨拶の手紙が入っていました。



madam-letter350.jpg



何から何まで強烈でインパクトがあり、忘れようにも忘れられません。
常識では考えられないアイデアを詰め込み、
デパートのイベントでは、わずか20分で600個を完売という大ヒット商品です。

パッケージが現在のインパクトのあるものに一新された時、
女性から評判を呼び、1日に2000個以上の売り上げに伸びたそうです。
それからも売上は伸び続け、現在では1日1万個作っているとのこと。

スイーツの常識に挑戦したマダム信子さんの
お菓子革命は大成功を収めました。

これはすごい。

私自身、開業時にそれまでの美容外科界の常識を打ち破り、
挑戦し続けてきたので、マダム信子さんに興味を持ち、少し調べてみました。



madamusinco.jpeg
マダム信子著 イースト・プレス
成りあがりマダムお金の教え



どうやらこの感性は、銀座でママをやっておられた体験から
培われたのではないかと思います。

私のクリニックにも、銀座のホステスさんが何人も来られます。
日本の最高級の女性として位置づけられることが多い
銀座のホステスさんですが、実際に接する私の感想として、
どうして彼女たちが日本最高峰に象徴されるのかよくわかりませんでした。
容姿が特別に優れているわけでもなく、
会話や気配りが特別優れていると感じることもなかったからです。

普段飲みに行かない私は、どうしてこんな人たちに
一晩何十万も何百万も使おうとするのか不思議でした。

昨年11月のことでした。
着物姿の女性がカウンセリングにご来院されました。
約束の10分前にはきちんと到着されました。
たまに着物姿でご来院される患者様はいらっしゃいますが、
一見して着こなしのレベルが違いました。
着物をピチッと着こなし、髪の毛もピチッと結わえ、一分のスキもないのです。

20代前半のまだ若い女性でしたが、銀座でホステスをやっているとのこと。

普段女性に接する機会が多いので心を動かされることなんて滅多にない私が、
「この人にだったら何十万、何百万払って飲みに行く価値がある」
と、思ってしまいました。

目頭切開を希望され、年末の仕事の最終日の翌日に手術を受けたいと
1か月以上も前にしっかりと準備されご来院されたのです。

通常、当院では1か月以内の予約しか取りません。
先過ぎる予定なんて患者様の方でコロコロ変えられ、
こちらで段取りが組めなくなるからです。
しかし、この患者様には、1か月以上先のご予約でしたが、特別に取りました。

この患者様から
“この人は大切に扱わなければいけない”
というオーラが溢(あふ)れ出ていたからです。


この患者様の支払額は22万円ほどで、
他の患者様と比べて決して多い支払額ではありません。
患者様の中には、自分は金を払うのだからとか、
費用も払わずに自分は客だからと
横柄な態度を取られる方がいらっしゃいます。
そんな方はどこに行っても大切にされません。

支払額の多寡ではなく、その人の言動や態度で
大切に扱われるのかどうかが決まるのです。


支払額の多寡で接客態度を決めるのは、二流以下の店舗です。
そして、二流以下の店は、客に頭を下げているのではなく、
支払われる金に対して頭を下げているだけなのです。

手術日がまだ1か月以上先にもかかわらず、
「手術費用は払って帰ります」
と、カード(当院ではクレジットカードの取り扱いがないのでデビットカード)
で支払を済ませて帰られました。
予約を取るからには、対価はしっかりと払いますと
「信」を大切にされているのです。
これも銀座のマナーでしょう。

着物なのに、ゴテゴテと手荷物をいっぱい持つ人がいます。
あまりカッコよく見えません。
彼女は、最小限の必需品を小さなハンドバックに入れているだけで、
支払いもカードで済ませ、とてもスマートなのです。

カウンセリングの時も、グダグダ、ウジウジ、言っても始まらないことを
長時間ウダウダしゃべっている人もいますが、この方は必要なことだけ話をして、
短時間で大切なことをしっかりとお話をされ、お互いの時間を大切にされています。

カッコいいなぁ~
粋だねぇ~
ステキだなぁ~


私は思わず唸(うな)ってしまいました。

手術日は、珍しく緊張気味の私の前に普段着でご来院されました。

その彼女を見て、私はまたビックリ。

普段着になると、普通の若いお嬢様なのです。
普通のお嬢様が着物の着こなしや話し方やしぐさ、行動で
あそこまで洗練された女性になる姿を見せていただき、大変勉強になりました。

抜糸までの期間に京都へ日本舞踊のお稽古に行かれるとのことで、
透明の糸で縫合を行い、なるべく傷跡が目立たないようにしました。

抜糸後は、次の日から地方に(おそらくはお客様と)行かれるとのこと。
売れっ子は忙しいですね。

今回は銀座の洗練された美しさを見せていただきましたが、
これと対極のタイプの女性もいらっしゃいました。
キャバ嬢の彼女は、白いジャケットに白いスカートで
洗練というよりも華やかな衣装でご来院されました。

こちらの患者様はいくつもの手術を申し込まれました。
70万円ほどの手術費用を現金で支払いたいとのことでした。
大きく膨らんだ白革(しろかわ)の財布の中に
10万円ずつ束ねられた札束がギッシリと入っています。
そして、「はい、手術代」と、
1枚1枚数えることなくポンと札束を出すのです。

支払には原則として私は立ち会わず、スタッフが対応します。
スタッフが、「先生、すごいです!」と言って
私の前まで走ってきてその様子を描写するのです。

銀座の洗練さに対してキャバの華やかさ、タイプはまったく違いますが、
どちらも粋でカッコ良いのです。

そして、自分が大切に扱われるにはどうしたら良いか、
どちらも分かっていらっしゃるのです。

これと正反対の患者様も多くいらっしゃいます。

先日、目尻切開の相談にご来院された患者様がいらっしゃいました。
当院の目尻切開の費用は21万円です。

「先生、私は技術力が高いここで手術を受けたいです。
でも手持ちの現金が足りません。
○○(チェーン店)の手術費用は26万です。
技術力が低いのは分かっていますが、
カードでリボ払い(分割払い)ができるのです。
私はローンを組むのは絶対に嫌です。
手術は今すぐ受けたいのです。
だから、やはり○○で手術を受けることにします」

私は開いた口がふさがりませんでしたが、
どこで手術を受けるかは患者様自身が決めることなので、
何も言いませんでした。

技術が低いことが分かっていながらわざわざ割高の手術を受ける、
私にとっては信じられない感覚です。

このように無計画で論理性のない、
行き当たりばったりの患者様も少なくありません。
無計画で効率が悪いので、自分の人生に
無理強いばかりしているのになかなか目的に到達できない人たちです。

人生をうまく生きている人には、
うまくいっている理由があるのです。
人生に行き詰っている人には、
行き詰っている理由があるのです。


毎日、多くの患者様に接している私には、それが手に取るように分かります。

これをお読みになられた読者の皆様は、
どうぞ時間を取られてじっくりと
人生がうまくいく生き方や
自分が大切にされる生き方について考えていただきたいのです。

その時間は決して無駄になりません。
自分の人生を良質なものにするための大切な時間になることをお約束いたします。



ginzanoosie4.jpeg
日髙利美著 クロスメディア・パブリッシング
99%の新人が3ヶ月で知性と気配りを身につける銀座の教え


プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR