開運掃除術



今年もいよいよ最後の日になりました。
昔は美容外科クリニックと言えば、年末はかき入れ時で31日まで開院しているのが
普通だったように思いますが、最近は年末を休みにしているクリニックが多いようです。

目白ポセンシアクリニックは、年末もギリギリまで患者様からの需要があるため、
お休みにすることはできません。今年も31日の午後9時まで仕事がありました。

年末と言えば大掃除ですが、私のクリニックでは年末は忙しくて
大掃除まで手が回らないため、毎年、早めに大掃除を行います。

今年は、私はトイレ、風呂、台所など水周りの掃除の仕方を覚えました。

実は何年も前のことになりますが、知人からビートたけしさんなど
有名な人達もトイレ掃除をして開運したからトイレ掃除をするのが良いと勧められ、
数ヶ月間トイレ掃除に励んだことがありました。
「ツキを呼ぶトイレ掃除」というベストセラーまで出ています。



tukiwoyobut.jpg
ツキを呼ぶトイレ掃除(マキノ出版)



ところが私には、何も起きませんでした。
それでトイレ掃除はやめてしまいました。

しかし、最近、「お坊さんが教えるこころが整う掃除の本」
(ディスカバリー)を読みました。



bousannosouji.jpg



汚れを落とすためだけでなく、心の内面を磨くために掃除をする。

煩悩(ぼんのう)を掃(は)き清めるように、塵(ちり)を除く。
執着を削(そ)ぎ落とすように、汚れを磨く。


汚れていなくても、心のくもりを取り払うために境内や庭を掃き清め、本堂を磨く。

『自分の内面を磨くために掃除をする』というコンセプトが気に入って、
もっと積極的に掃除をしようと思いたったのです。


私は、ナチュラル嗜好(しこう)なので、重曹とクエン酸、
そして穀物酢をスーパーで買ってきて、事務所のトイレ掃除をゴシゴシと始めました。

汚れがみるみるきれいになっていきます。
気持ちいい!
汚れがスーッと取れていくその状態はまさに快感でした。


寺を訪れた時に感じる静謐(せいひつ)感、それは毎日の掃除から生まれるのです。

私のクリニックでも、塵が落ちているのに気づいたら、私は自分でその場で拾います。
汚れに気づいたら、ガーゼを濡らしてその場で拭き取ります。
溜めておかないで、気づいたらすぐにその場で拭きとっていくので、
汚れがこびりつかず、すぐにきれいにすることができます。

以前、雇っていた高年者が、私が自分でクリニックの雑巾掛けをしているのを見て、
「院長がそんなことをしてはいけません」と、言いましたが、
そう言う本人が掃除をするわけでも、他の者にやらせるわけでもなく、
クリニックは汚れたままになってしまいました。
そんな時はやはり患者様の入りも悪くなってしまいます。
患者様は、私達迎える側の心を敏感に感じ取っておられるように思います。

院長だからやらなくて良い。そんなことは理由になりません。
誰でも良い、気づいた者がきれいにすれば良いのです。
それが、心地良い空間をつくり出すコツだと思います。


ご来院される患者様や出入りしている業者の方から、
「先生のクリニックはいつ来てもピカピカできれいですね」とよく
お褒めの言葉を頂いていましたが、普段、患者様から
目の届かない所までは、なかなか掃除しきれていませんでした。
そこで、今回は見えにくい場所に重点を置いて掃除に励みました。

事務所をきれいに拭き清めた翌日でした。
クリニックの予約の電話がいつも以上に多く鳴り出したのです。
スタッフだけでは対応できず、私が手伝っても取りきれないくらいの
電話が鳴り、対応に追われました。

もちろん、掃除だけやっていれば良いとは言いません。
しかし、普通の人が嫌がる掃除を自分から進んでやる、
これは自分の運命を良くしていく習慣として確かに役に立つと思うのです。


トイレ掃除は、戦前、日本で大流行しました。
見知らぬ家庭を訪問し、トイレ掃除をさせて下さいとお願いに廻るのです。

一燈園を作った西田天香という方がいらっしゃいました。



nishida.jpg
西田天香師



西田天香師は若い頃、北海道に会社を設立しますが、
出資者の方に肩入れをすれば労働者が苦しむ、
労働者に肩入れをすれば出資者が苦しむという板挟みの状態に悩み、
失意のうちに仕事を辞め、帰郷します。

悩みながら人生の指針を求め、長浜八幡神社境内の愛染堂で断食座禅を行いました。
ある時、オギャーと泣いている赤ちゃんが母親に母乳を与えられると
赤ちゃんは泣きやみ、赤ちゃんも母親も幸せそうにしているのを見て、悟りを開きます。

出資者と労働者という搾取する側と搾取される側の区別はない。
母乳を与えられている赤ちゃんも幸せ、母乳を与えている母親も幸せ、
与えられる側も与える側も両者とも幸せになる生き方の中にこそ
本当の幸せがあるという悟りを開いたのでした。

悟りを開いた西田天香師は、徹底的な下座の行を行います。

何でも頼まれれば引き受ける、
そうすれば仕事を頼んだ方も助かり、頼まれた方も感謝され幸せを感じる。

賃金は要求しないが、助けられた人は食事の面倒を見てくれたり、金品をくれます。
そうやって生きていくのが、幸せな生き方であるとして、一燈園を設立しました。

その生き方に共感した人は多く、作家の倉田百三は一燈園での生活の体験をもとに
「出家とその弟子」を書き、ベストセラーとなります。
私も2年くらい前、西田天香師の思想に出会い感銘を受け、
西田天香師の書籍を片っ端から読み漁(あさ)りました。

さらに、西田天香師自身が書いた「懺悔の生活」がベストセラーとなりました。

一燈園の修行に「六万行願」というのがあります。
1.礼拝:拝ませてもらう
2.清潔:不浄(トイレ)の掃除
3.弁事:何なりと弁じる
4.慰撫:撫でさせてもらう
5.懺悔:謝らせてもらう
6.行乞:頂かせてもらう

この6つの行をそれぞれ1万回結縁するというものですが、
これができたら人生、何でも可能になると言われていいます。

六万行願を実践した高校生の多くが東京大学、京都大学など名門大学に合格したそうです。

この六万行願のうち、トイレ掃除が特にピックアップされ、有名になりました。
ダスキンという会社がありますが、この会社は
一燈園の理念をコンセプトに作られた会社だそうです。

以前の私のように運が良くなりたいという下心を持って掃除をしても、
効果が現れるかどうかは分かりませんが、
自分の内面を磨くつもりで掃除を行えば、きっと効果が現れます。

皆様も新年の開運術として、掃除を行われてみられてはいかがでしょうか?
私は来年、元旦から掃除をはじめるつもりです。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。
今年も多くの患者様からご愛顧いただけましたことに感謝申し上げます。
来年もよろしくお願いいたします。


目白ポセンシアクリニック

患者様からの贈り物4 ~人の強さとは~



今年もクリスマスの季節になり、年末の雰囲気になってきています。

ボトックス治療で通っていただいている患者様から、
「今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします」と
言われながら、チョコレートをいただきました。
11月下旬に言われたので、ちょっとびっくりしましたが、
そう言われれば今度BOTOXを注入するのは早くても
数ヶ月先だと考えたら、もうそんな季節なんだと改めて感じました。



godiva.jpg
ゴディバ クリスマス・コレクション2012
せっかく撮った写真のデータを飛ばしてしまい、
同じ商品をGODIVAwebsiteより転載させていただきました




その時から、ブログを書かなければと思っていたのですが、
忙しくて結局、クリスマス直前に記事を書くことになってしまいました。


先日、切開法をお受けになられたリピーターの方から
「先生、ブログをされていたんですね」
と言われました。

この方は、3年前、他院で埋没法を受けられましたが、
腫れがひどく、その院では待つように言われ、
修正をしてもらえなかったので、当院で修正を行い、
すごく喜んでいただいた患者様でしたが、
今回は当院で戻らないように切開法で
二重の手術をお受けになられたいとご来院されました。

『人はなぜ落ちるのか』(前回の記事)読みました!
大共感です!
3年前、先生に助けていただいて、子供のためにも、
もっと強く生きていかなくてはいけないと思いました。
でも私、強くなっているんですかね? そうは思えないんですけど・・・」

「あのつらさを乗り越えられたのだから、強くなられていますよ」
と私は言いましたが、
「私は、先生に助けていただいたのであって、自分の力じゃありません」
とおっしゃられたのでした。

「でも、ご自分の力で私のクリニックを見つけ、
勇気を出してご来院されたんじゃないんですか?」
と私は、お伝えしました。

強くなるとは、自分の力だけですべての問題を
解決することだけを指すのではありません。

何かあった時、助けてくれる人間関係を普段から構築していること、
何か問題が発生したら自分が信用できる人を見つけ出し、
助けてもらえるようお願いすることができる能力も、
ひとりの人間としての大切な力となるのです。

そうした豊かな人間関係を構築する力があれば、
自分ひとりでは乗り越えることができない人生の難題であっても
乗り越えていくことができるようになるのです。


美容整形を受けられた時は、人間関係が影響することもございます。
他院で失敗されてご来院される患者様が、家族や友人、
恋人に助けられながら、ご来院される方がいらっしゃいます。

私のHPでもご紹介している恋人に助けられながら
埋没糸抜去を受けられた女性がいらっしゃいましたが、
私はその男性の女性を思いやる愛の素晴らしさに感動しました。
埋没法抜糸実話

そして、人間関係をしっかりと構築されている方は
手術がうまくいった時は、最近、綺麗になったねと祝福してもらえます。

美容整形を受けるように煽り立てるクリニックもたくさんございますが、
私は、美容整形とともに、内面的にも美しくなる努力をすることで、
はじめて本物の美しさを獲得することができると考えております。
しかし、患者様に診療中にお伝えする余裕はございません。
そのため、著書やブログを通して、啓蒙活動をさせていただいております。
本ブログや私の著書を本当の意味での美しい女性、
カッコいい男性になるためのヒントにしていただければ幸いです。


こちらは、別の方から今月はじめに、メールをいただきました。
以前のブログで書いた他院修正の患者様からでした。

「こんにちは

先生お久しぶりです。
メールからですみません。
今年4、5、6月と大変ご迷惑をおかけしました。

今年に入り、目頭切開に埋没を片目だけしたのか、
なんでこんなこと考えたのか最初はよくわからなかったけれど
あれから一人暮らしを始め、病院で働きながら
実家にいた時よりもいろいろな経験をしました。
今は開業して早半年経ちます。院長と二人三脚で頑張って仕事しています。
患者さんも口コミで広がり多くなりました。

おかげで治したい気持ちもなくなり、
久しぶりにあった友達や数年前の職場の先輩にあっても
「お前変わってないなー」って言われ、
今では「あれっ?」って、思ってしまうくらいです。
でも時々あの時はなんだったのかなーと、安易にしてしまったことが
恥ずかしいくらい考えてしまいます☆

たまに、違和感というかまだまだ見慣れないのか、
ちょっと嫌だなってラインもくっきりさせたいなって
思う時があります。
時間ができたら先生の所でしたいと思っています。
その時はよろしくお願いします。

今年も入ってから自分で作った原因で先生に出会い、
念願の一人暮らしもできいろいろありました。
いろんな気持ちもありました。
自分を見つめなおす機会ができたかなと思っています。
いろいろお騒がせご迷惑をおかけしました。
点滴もしてくれたり感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。」

この患者様も強く成長されたのがわかり、嬉しくなりました。
いろんな患者様から、「先生は、心理カウンセラーのようですね」とか、
「先生にはいろんなことが話せます」と言っていただきますが、
私は心理学の勉強をずっと続けてきましたし、
外科医としてだけでなく、精神的なサポートもできる
医師としてこれからも診療していきたいと思っております。


目白ポセンシアクリニック



プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR