デヴィ夫人の誕生パーティーに行ってきました


2月8日はデヴィ夫人の誕生日です。
少し遅れて2月19日にデヴィ夫人の誕生パーティー
「アクエリアス2012」があり、行ってきました。



devi2.jpg



この日は夕方まで点滴療法研究会のセミナーがあり、
朝から夕方までセミナーを受けた後のパーティーで
少し疲れ気味での参加でした。



devi1.jpg
パーティー会場外観



デヴィ夫人の挨拶、「どんなことがあっても人生の最期の瞬間まで
たくましく生きていく義務が私たち全員にあるのです」
という意味のことをおっしゃられていた力強い言葉が印象的でした。



devi3.jpg
パーティーのオープニングシーン




追記;
関西テレビの方がお礼のご挨拶に伺いたいとご来院されました。



sugar_convert.jpg
お菓子をいただきました



目白ポセンシアクリニックには、マスコミ関係の方々から
いろいろな問い合わせが来ます。
私が驚いたのは、他のクリニックでは、通常、
自分のメリットにならないことには関わらないそうなのです。

私は、自分がマスコミ出演する時以外でも、
その方々の役に立てるなら、出来る限りの協力をさせていただいています。

今回も、美容医療について問い合わせがあり、
私に直接関係のないことでしたが、
協力させていただいたお礼にとご来院されたのでした。

私は易経から多くのことを学びました。
易には占いに使われる「ト(ぼく)の易」のほかに、
人としていかに生きるべきかを説いた
人生の指針としての「義理の易」があります。
私は、人生の指針、人生哲学としての易経を学んでいます。

易経の言葉に
「積善(せきぜん)の家には必ず余慶(よけい)有り。
積不善の家には必ず余殃(よおう)有り」
とあります。

世の中に良い行いをすれば自分にそれがいつか必ず自分に返り、
良くない行いをすれば
それもいつか必ず自分に返るという意味の言葉です。

最終的には、良いことが起ころうが起こるまいが
良い行いをするという境地にまで達するのが理想ですが
まずは、良い行いをすることを自分の生活習慣になるようにしています。

自分の人生経験からも、自分の利益にならないことをするのが大切なことを実感しています。


2月29日追記;
本日は朝からこの冬一番の大雪でした。

大雪にも関わらず、ひとりの遅刻、キャンセルもなく、
ご予約いただいた患者様全員の方にご来院いただきました。
大雪の中のご来院、誠にありがとうございました。

中には遅れてはいけないから、予定より早く家を出ましたと
おっしゃられていた患者様もいらっしゃりました。
お気遣いありがとうございます。

本日は朝から大忙しでしたが、
夜は雪見酒をいただきながらゆっくりと疲れを癒しました。



china.jpg



全国に60店舗を持つSPIC Salonを運営されている
(株)スピックの会長芝田先生よりいただいた
陶器を飾りながら雪見酒をいただきました。

今年1月中旬に芝田先生から2時間お話をしていただける
アポイントを取り、芝田先生の会長室を訪れました。

2,000人の従業員数を持つ芝田先生から経営について、
人の使い方についてなど、興味深いお話をお伺いしていると、
あっという間に3時間半以上の時間が過ぎていました。
その時にお土産にいただいた芝田先生がプロデュースした陶器です。


目白ポセンシアクリニック




プロフィール

永久 晶浩(ながひさ あきひろ)

Author:永久 晶浩(ながひさ あきひろ)
国立神戸大学医学部卒業
目白ポセンシアクリニック院長
https://ssl.possenssia.com/profile/
心のあり方まで含めた「美」についての総合研究者

古代ギリシアから現代アートまで古今東西の芸術的文化を研究している

主な著書に「アルファ型美人のすすめ~愛される美人vs.愛されない美人~」「『NO』と言えれば人生は開ける」

診療日誌を日々更新中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR